やっと、モンスター退治へ

 

生意気な爺さんに商店街の案内をしてもらい、任務完了。

カーランカフェに戻って報告をした後、モンスター退治なので、フレンドと合流!

弓とか接近されたらヤバそうだもんな!
(体格は接近されても平気そうな体格)

いざモンスター退治へ

街を出て、目標をモンスターを見てみると…

巨大テントウムシ???

ふっ…どうやらビビりすぎたようだぜ!

強気で弓を撃つ俺!

ダメージも大したことないので距離すら取らねえ。

これぞ、弓の奥義「零式なんちゃら」!!!
(素晴らしい厨二病技名は思いつかなったZE)

無事レベルアップすることも出来た!

これでさらに俺は強くなる!

そう、俺が放つ一矢は戦場の…なんだっけか…
確か、ギルド長がカッコイイこと言ってたんだけど忘れちまったぜ!
(気になる人は前回の話を見てね!)

モンスターを退治したことによりギルド長にも認められたぜ。

こうして、地味な(?)努力により認められた俺に新たな任務が迷い込むのであった…

 

つづく

 

 

弓術士ギルドへ

 

エーテルライトと交信を終えた俺。
残りは、弓術士ギルドへの挨拶とバルセモンテロから商店街の説明を聞けとのこと。

弓術士ギルドらしきところへ行くと、マークのついた人がいたので話しかけてみた。

俺の冒険者としての資格(?)があるかどうかを試すので、フォレストファンガーを6匹倒してこいっと依頼された!

こうして俺の初モンスター退治が幕を開けた。

・・・

・・・・・

ちょっと待て!こいつカーラインカフェで受けた依頼じゃねーぞ!
しれっと任務押し付けやがってクソかよ!

とりあえず、こいつは無視して弓術士ギルドの中へ。

ギルドマスターはフォレスターという種族の人で、見た目はエルフっぽくて弓が強そうなお姉さまでした。

熟達した弓術士が放つ、その一矢は、確実に戦況を揺るがすことになるでしょう。
っというとてもありがたい言葉をいただきましたよ!

俺のこの剛腕から繰り出す矢で全部吹き飛ばしてやんよ!!!

で…お姉さまから出された課題が…

モンスター退治でしたよ…
しかも入り口にいた奴とかぶってるモンスターいるし(フォレストファンガー)

い・・・一石二鳥じゃねーか、やってやんよ!

っとその前に何とかって爺さんに話を聞くために商店街へ行くと、爺さんはすぐ見つかった。

話しかけるや否やこの態度である…

いや、実はカーラインカフェで爺さんは偏屈ものだから「お手製のイールパイ」を渡してあげてとは言っていたが…
こいつ態度デカすぎひん?

俺が本当は食べたかったけど仕方なくイールパイを渡すと

ドヤ顔でワシの説明を聞けよときたもんだコレ。

説明は…何ていうか…大した事無かったです…

しかも、この商店街は一直線に店並んでるから道間違えても反対に行けばいいだけだよ…
俺のイールパイ返せよ…まじで…

そんなこんなで、冒険者ギルドの任務を終えた俺はモンスター退治へ出かけるのであった!

 

つづく

 

 

 

 

グリタニアの街を探索!

 

夢オチからの街にたどり着いた俺様。
出迎えてくれたのはいかにもチュートリアル臭い兵士だった。

冒険者ギルド登録へ

冒険者ギルドへ登録してこいと指示をされたので仕方なく行くことした。
(ドヤ顔で語ってんじゃねーよ…)

指定の場所であるカーラインカフェにて登録を済ませようとしたら、お姉さんが光の戦士について語ってきた。

どうやらこの世界では光戦士がいたらしいが行方不明になった上に誰も思い出せないらしい。
(恐ろしい記憶操作だな…誰がやってんだ…夢オチの仮面野郎かな…)

そして雑談を楽しんだのちに登録をすませた!

名前について褒められたZE
いやいやいやいやいや…本当にそう思ってるのかよ!!!!

お世辞にしてはバレバレだし、素敵な名前と思ってくれたと信じてるぜ☆

その後、3つほど任務を請け負ってカーラインカフェを出た俺。
任務の1つに、エーテルライトなるものにアクセスしてこいと言うものがあり街の中心へ!

エーテルライトと交信する俺!
コスモ…コスモを感じる!

結局のところ、コスモは得られずに聖闘士星矢にはなれなかった。

このエーテルライトは転送装置らしくて、これがあるとその街に飛ぶことが出来るらしい。
なお、有料である…

誰がその金徴収してんだよ!!!クソが!!!

こうしてエーテルライトとの交信を終えた俺は弓術師ギルドを目指すのであった…

 

つづく

 

 

冒険の始まり

 

夢から目が覚めた俺は、街に向かっていた。

夢オチからの冒険の始まり

その道中にモーグリーがふわふわーっと近づいてきたよ。
ごっつい俺にも近づいてくるとは可愛い奴め!

 

道中で一緒になってるおっちゃんが俺の冒険の目的を聞いてきた!

4つの選択肢から選べたんだが、俺はもちろん…

「富を求めて」を選んだ!

みんなも富だよな?富があれば良い装備も買える!
そしたら力も強くなる!富があれば名誉かどうか知らんがドヤ顔出来る!
つまり「富を求めて」が正解なんだよ!!!!

世の中、金なんだよ!!!!!!!!

 

で、おっちゃんの回答…

初期スキルで金が増えるスキルでも手に入るのかと思いきや・・・
職人の技を身につけて稼げとのアドバイス・・・

くそっ!期待外れだぜ!!!

などと嘆いていたら街が見えてきましたよ!

そして…

どうやからこれが本当のはじまりみたいですね。

タイトル出たあああああああああああああああああ

こうして今度こそ、俺の冒険は始まったのであった!

 

つづく

 

 

 

光のおじさん旅立ち!

 

「光のお父さん」などに影響され、「俺も光の戦士になって世界を救ってやるぜ!」っとファイナルファンタジーIVの世界に飛び込んだふぁうおじさんの記録をここに記していく…。

 

光の戦士誕生

まずはこの世界に降り立つ、俺のアバターを作ることとなった。

リアルは非力なので、マッチョな種族を選び、肌は黒めに仕上げたぜ!
髪の毛は目立つ赤色に金色のメッシュがオシャレだZE

この堂々たる威圧感!、どんな敵でもイチコロだぜ!

 

そしてFFの世界へ降り立った。

アバターを作り終えた俺はついにFFの世界へ降り立ったが…

町中に出ると思いきや、いきなり宇宙みたいなところに放り出された俺…

そして…謎の光に導かれる…

これは光の戦士になる特別な力でももらえるのかな?

いきなり…感じて考えろと言われてもよく分からないんだけど…

とか言ってたら、悪役っぽい仮面野郎が出てきたZE

しかも攻撃しようとしてきてるっぽい…

けど、俺は丸腰やん?って思ってたら、光の力っぽいのを受けた!

 

この凄まじいオーラよ!

オーラーを受けた俺は変身を遂げたぜ!

来た来た来た来たあああああああああああああ!

見せてやるぜ!俺の光の矢をよおおおおおおおおおおおおおお!

っと仮面野郎に光の矢を放ったそのとき…

画面が光に包まれて…

まさかの夢オチ!!!!!!!!!!!!!

そんなああああああああ…

俺の光の力はどこにいったん?

 

こうして俺の光の戦士としての冒険が始まったのであった!

 

つづく