ゲーミングPCの選び方

コロナ渦でお家時間が増えてきてe-Sportsやゲーム実況などに挑戦してみようという方も増えたのではないのでしょうか。これからPCの購入を検討してしたりアップグレードしようとしている方の参考程度に。

ゲーミングPCといっても種類も多くどれを選んだらいいかわからないと思います。お値段もそこそこお高いので失敗しないようにしっかり自分に合ったものを選んでいきましょう!

ここだけは覚えて!選び方のポイント!

  • 基本的な性能はCPUGPUメモリの組み合わせ
  • GPUは高性能なもの
  • ストレージはSSDとHDDを積む
  • メモリは16G以上

基本的な性能はCPU・GPU・メモリの組み合わせ

この3つの性能が高ければ高いほどスペックの高いPCとなります。

特に重要なパーツになるので、お財布と相談しつつしっかり選んでいきましょう!

各パーツの役割

    • CPU :頭脳的な役割。脳みそです。
    • GPU :画像処理する役割。絵を描く手です。
    • メモリ :作業する時に使うテーブルみたいな役割。
    • 電源 :心臓ですね。
  • ストレージ :データの保管場所。

画像PC内部と説明

GPUは高性能なもの

ゲームをPCでする上で最も重要なもの。ここから選んでもいい。

性能が高いほど画質などよくなったりします。性能が低いとかくついたり綺麗なゲームも画質を落としてやらなくてはいけなくなってしまいます。しかしお値段もお高いのでお財布と相談してなるべく高性能なものを選びましょう!

2021年現在ならRTXシリーズがおすすめ。リアルタイムレイトレーシング機能(水やガラスの映り込みがリアルタイムに反映されて実写並みの描写)やDLSS(ディープラーニングスーパーサンプリング、わけがわからないくらい綺麗な画質)に対応しています。

ストレージはSSDとHDDを積む

SSDとHDDとは何か

  • SSD :ソリッドステートドライブの略。読み込みが爆速!値段は高め。
  • HDD :ハードディスクドライブの略。読み込みは遅い。安価で大容量。

SSDは読み込みが爆速で衝撃にも強いのでメインドライブに使用するのがオススメです。

SSDにOSなどシステムをいれておくことでPCの起動も爆速です!容量は500G以上を目安にしましょう。

HDDはSSDより安価で大容量なものがあるので、ゲームを沢山保存する場所に最適です!3から5Tくらいを目安にしましょう。

メモリは16G以上

最新のゲームの要求スペックが8G以上というものが多いので16Gくらいあれば安心。

実況配信や動画編集などしてみようかなと考えている方は32G以上を考慮してみましょう。

簡単な選び方まとめ

  • CPU :Intel core i5以上
  • GPU :RTXシリーズ、GTX1660
  • ストレージ :SSD500G、HDD3から5T

 

おすすめゲーミングPC

リンク

チートツール対策の難しさと危険性

色々なゲームでチートツールというものはあるのですが…。

基本的にはゲームを解析して数値をいじったりしてステータスMAXキャラなどを作るのですが…。

オンラインFPSにおいては

・オートエイム(銃を撃つときに自動で照準をあわせる)
・ウォールハック(壁越しの敵が見える)

なんかが有名なんですが、掲示板などで「対策しろ!」とかよく見ます。
私も昔はそう思ってましたが、実際は難しいんですよね。

あくまでイメージだと思ってください。
(PCやネットに詳しくない人用にへし折りまくってます。)

 

いつもの下手くそな絵を書いてきました。

サーバーから敵が北に10、東に10動いたよっとデーターが来て、実際のゲーム画面に反映されます。
実際、このキャラは建物に隠れていて見えないのですが…

チートツールによって敵の位置のデーターを抜きます。
そして、敵の位置を赤色で染めるなどして敵の位置を分かるようにしたのがウォールハックのようなツールです。
敵の位置に向かって照準を補正するのがオートエイムです。

こんな感じで、通信データーを解析されてチートされているのですが…。
メーカーだって通信データーを暗号化したりして分かりにくくしているけど、実際は防ぐのが難しい現状ですね。

 

さて…
チートツールを使う人達は「自作」をしているのでしょうか?

「自作」をしていない人は気を付けてくださいね。
このようにデーターを抜くことが出来るプログラムが入っているのです。
そのプログラムはもしかしたらゲームだけじゃなくてあなたが入力したIDやパスワードをどこかに転送しているかもよ?

じゃないと…チートツール公開する利益って無いと思うんだ(笑)

 

インスタント麺をおいしく食べる!!!

TV番組の「教えてもらう前と後」で【インスタント麺マニア100人の最新ベスト5】っていう番組をちょっと起きたときに見た!

一番最初は見てないのですが…
インスタント麺のおいしく食べるコツはやってないはず!

番組を見て、インスタント麺が食べたくなって次の日に買いに行く人がいるはず!
俺は「一蘭」のインスタント食べたい…。

今まで書こうと思いつつタイミングを逃してた「インスタント麺をおいしく食べるコツ」

っといっても、自分自身が面倒くさがりなので手間なことではなく知ってる人は知ってるコツです。
インターネットとか調べてもアレンジのやり方は多いけど基礎的な記事って少ないんだ!

主に袋ラーメンのことになるけど、何故必要なのかというのも短めに書いておくよ。

 

・インスタントの袋麺を茹でる際には湯の温度に気をつけろ!

麺は茹でることによってデンプンちゃんがアルファ化するのですが…。
(アルファ化って米を炊くのと一緒で水を加えて加熱するとモチモチになることだよ!)

麺ってやつは茹でるときに時間をかけすぎると食感が良くない状態になるんだよなー。
で、湯の温度に気をつけろっていうのは麺を投入するときなんだ!

乾麺を入れるときに一時的に湯の温度が下がるので一瞬火力を上げてあげるのがコツだよ!
メーカーが推奨している茹で時間が基本だけど、湯の温度が下がり過ぎるとこの茹で時間で美味しい麺にならないときがある。
(湯の温度が下がったことによって推奨時間だと茹での時間が足りない)

だから、湯の温度は沸騰した状態を維持するのが良いんだよ!
あ…沸騰させすぎてスープの分まで水を飛ばさないように気を付けてね(笑)

 

・粉スープは水蒸気に気をつけろ!

粉スープってやつは水に溶けやすいようになっているのだが…
素早くいれないと粉が水蒸気から水分を吸って、袋に貼りついてしまう。
それを防ぐには一瞬火を止めたり、水蒸気だけを息や手で飛ばしてしまおう!

袋に粉が残っちゃうと味が薄くなっちゃうからねぇ

商品によっては「火を止めて」とか書いてあるけど、この水分を吸っちゃうことが大きな理由だと思っている。

 

・液体スープは投入前に振って、出来るだけ絞り出せ!!!

液体スープの中には時間が経つと分離するものもあるので振ることを推奨するよ!
特に油が入っている液体スープは冬場だと油が少しだけ固まって出にくいなんてこともある。
(その場合は手の中で温めるとかすると良い感じ)

一部の味が袋の中に残ってしまうと味のバランスが壊れておいしく無いからね!
絞り出すのが下手な人(自分のこと)は特に振るのが大事。
なので…振ってから絞り出せなのだ!

 

・当たり前だが早く食え!

麺は伸びると美味しくなくなるよねー。
理屈に関しては要望がありそうなら書こうかねぇ。
とりあえず、麺ってやつは水分を吸ってしまうと食感が悪くなる…。
防ぐ方法は基本的に無いし、元に戻す方法も俺は知らない(笑)
なので、作ったら「すぐに食え!!!」

 

以上だ。
ふぁうのインスタント麺講座を終了する!

 

追記
画像の用意とか間に合わなかったー。
覚えていたら追加する予定。

 

焼きそばについて

焼きそばって色々な種類があって、カップ焼きそばは湯を入れるだけで

「焼いてないのに焼きそば」

がずっと疑問だったんだけど…
本日の風呂場で、答えの一つにたどり着いたのでココに記載しておくことにした(謎)

 

焼きそば自体に付加価値がなくって、個々のイメージするものが焼きそばなんだよね。
地域によってソースの味とか麺の太さとか全然違うからね。

だから「焼きそば」は曖昧なままで良いんだなっと…
ここに「麺は○○℃以上で何分以上焼いたもの」なんて定義が出来ちゃうと、自由な焼きそばが出来ないよね!

 

付加価値の方は、地名とかでつける形だよね。
豚とか牛と一緒だね!

例えば、「小倉発祥焼きうどん(九州)」とか「富士宮焼きそば(静岡)」みたいなものね!
こういった付加価値をつけるものには付加価値が壊れないように定義があるよね!
(ない場合もあるみたい)

後はメーカー名とかが付加価値になってるよね(笑)
ふぁうのお気に入りはこれです!

 

ちなみに・・・
スーパーなどで売ってある焼きそばの麺は、「蒸し麺」と「茹で麺」の二種類があるって知ってました?

メーカーごとに小麦や設備も違うので、はっきりとは言えないのですが、

・蒸し麺は食べ応えのある食感。
・茹で麺はモチモチした食感。

って覚えておくと良いよ!

以上、ふぁうの麺語りでした!