ドラゴンボールファイターズの紹介

2D格闘ゲームのドラゴンボールファイターズを紹介します。
このページは動きを伝える為に画像を多めに使ったので重たいかもしれませんゴメンナサイ!

ドラゴンボール系の対戦ゲームの中では今、一番気に入っている出来ですね。
機種はswitch・PS4・XBOXと幅広く展開しているのも◎

この格闘ゲームは3VS3なのですが、魅力的なキャラが多いので使いたいキャラが多いだろうということで、3VS3になったらしいですよ。

 

モデリングが素晴らしい

まるでアニメのキャラを動かしているようなグラフィックに仕上がってます。

アニメを題材にしたゲームはグラフィックに違和感が多いものが多いのですが、これはかなり出来が素晴らしいですよ!

静止画だと伝えに行くのですが、

立ち絵はこんな感じなので普通の格闘ゲームっぽいですが、

こうやって動きがあるとドラゴンボールらしさが出てますよね!

ちなみにこれは全キャラ使えるダッシュアタックですよ!

 

初心者でも派手なコンボがだせる!!!

このゲーム、初心者でも手が出しやすいように弱攻撃ボタンや中攻撃ボタンを連打するだけで、相手を連続で殴って必殺技で〆てくれます。

さらにゲージがあれば、超必殺技まで繋いでくれます。
(ゲージは攻撃したりすると溜まっていきます。)

 

超必殺技がカッコイイ!

さきほど紹介したコンボの〆に出してくれる超必殺技ですが、単発でも出すことができます。
その演出は派手で、決まったときには嬉しくなりますよ!

これは悟空の「超かめはめ波」なのですが、生き生きとした動きが伝わると嬉しいです。

 

一番威力のある必殺技はさらに派手!

悟空ばっかりだったのでベジータの一番威力のある技である「ファイナルフラッシュ」を紹介してみます!

超必殺技を撃つと演出が入り、

ベジータ「調子に乗りやがって!」

ベジータ「ファイナルフラッシュ!」

っと画面を覆いつくすほどの派手さです!

 

フィニッシュにもこだわりあり!

そんなに強くない必殺技で相手にトドメを刺した場合は相手がダウンするだけですが、先ほど紹介した超必殺技などでトドメを刺すと専用の演出になります。

あーーーー終わったなーーーーって感じしますよね!

ドラゴンボールファイターズ、魅力を伝えるのが難しかったのですが、少しは伝わって、興味を持ってもらえると嬉しいな!

格闘ゲームしない勢でも手を出してみてはいかがでしょう?
ストーリやオフラインのアーケードモードもありますよ!

ちなみにストーリーはオリジナルのものになってますので、評価は人それぞれかなー…。

 

以上 ドラゴンボールファイターズ紹介でした!

 

SAMURAI SPIRITSの紹介

サムライスピリッツはSNKが出している格闘ゲームで、当時は人気で色々な作品が出ていました。

基本的には武器を使って戦う2D格闘対戦ゲームです。
他の格闘ゲームとちょっと毛並みが違う格闘ゲームとなってます。

地味に人気でしたが最後の作品から10年近く新作がありませんでした。
今回、初代に近い形で新作が出ました。(switch版は12/12発売)

このゲームの一番の特徴と言えば・・・

大斬りの威力が半端ない!

っというのが私の印象ですね。
小技を駆使して隙が出来たところに大斬りを決める!!!

ほら、体力が1/4以上減るので3回とちょっと削れば死んでしまいます。
体力は上のバーが体力となっていて、これが無くなると負けます。
いかにこれを喰らわないかつ喰らわせるかが楽しいゲームですよ!

まあ、大技だけに当たらないんですけどね(笑)
ちなみに大斬りはボタン1つで出ます。

必殺技をうまく使って隙を無くしたり、隙を作らせる。

他のゲームだとパンチやキックからの連続技から、必殺技で絞め!
なんていうのが多いのですが、このゲームの場合は隙を消したりすることが多いです。

これは主人公(?)の飛び道具ですけど威力低いですよねー。

だから、牽制に使ったり、さっきの大斬りをガードされた!
ってときに使うと、硬直がなくなってこの技が出るので隙を消せます!
なお、その必殺技が読まれた場合はガードされて自分が斬られます(笑)

っという風な駆け引きが面白いゲームですよ。

一発逆転の大技もあり!

演出が長く、中々当てられないですが強力な技もあります。
例えば、これは一試合にしか使えないのですが凄まじい威力です。

減り過ぎですよねー。
他にも武器を飛ばす技などもあるので、色々と駆使しながら相手を倒すゲームです。

基本的には隙をつくゲーム

最後になりますが、他の格闘ゲームと違って牽制をしつつ大技を当てるゲームです。
静と動を使い分けて、相手と戦うサムライスピリッツは格闘ゲーム初心者にもオススメです。

武士道とは死ぬことと見つけたり

 

 

投げをどこで狙うか

初心者同士の戦いでは打撃が飛び交うので使われにくい投げを活用していこうという記事です。

 

敵のガードが固く、こっちが打撃の硬直に反撃を狙っていく敵には投げは非常に有効です。
また、投げはホールドにも強いので中段パンチ→中段パンチと見せかけて投げなども良いですね。

敵の打撃をガードしてから反撃に投げで返すのは慣れてからのほうが良いと思います。
何故かというと、確かに反撃確定でガードも出来ない投げは大きなダメージを取れますが…

 

入力が正確でなかったりすると相手の打撃にハイカウンターを取られます。
特に初心者帯ではガードされても割り込もうと連打してる人が多いからです。

少し慣れてきたぐらいの相手には投げが刺さると思いますよ!

 

ホールドの活用

DOA6のホールドについて解説します。

ホールドは相手の攻撃受け止め、カウンターを撃ち込む技です。
しかしながら相手の4択を読まなければ決めることはできません。
(上段・中段パンチ・中段キック・下段)
さらに、やみくもにホールドを出すと、逆に隙を晒してしまいます。

 

この直後、ホールドの硬直を殴られました…

 

ホールドを狙うポイントしては、相手のモーションに割り込むことです。
例えば、遅めの攻撃で中段パンチ中段パンチと続く技であれば二回目の中段パンチにホールドを挟めば良いのです。
ただし…これをするには相手のモーションを覚える必要があり、初心者のころは辛いと思います。
初心者のうちは素直にガードして、その隙に攻撃をしたほうが良いです。

 

次に狙うべきは攻撃を喰らっているときです。
地上で攻撃を喰らっている間はホールドを出すことが出来るので、そこでホールドを狙っていきましょう。
もう攻撃を喰らっているわけですから初心者の方もガンガン狙っていきましょう。

 

 

ホールド対策

DOA6をある程度操作を覚えてくるとパンチやキックで攻撃したところ
攻撃を受け止められて、

ダメージを与えるどころかこちらだけが攻撃を食らうことがありますよね。
これを連続で食らいまくると、ナニコレ攻撃出来ねーじゃんクソゲー!
って思うこともあると思います。

CPU戦であれば諦めずに同じパターンで殴り掛かるのもありだと思いますが、
対人戦であれば攻撃のバリエーションを変えたほうが良いです。

ホールドは基本的に4種類あり、
・上段パンチとキック
・中段パンチ
・中断キック
・下段パンチとキック
に対して反応してきます。

ホールド全てに強いのは投げになり
決まればカウンター攻撃になります!

けど…初心者同士は殴ってくる確率が高めだと思うので投げ連発連発は危険です。(投げに対して打撃を出されるとカウンター攻撃になります!)

ホールドする側は4択もあるので、十字キーを↓に入れながらパンチorキックで下段攻撃が出るのでそれで揺さぶるとホールドしにくくなるので最初はそれがオススメ!

以上 ホールド対策でした。