第7話「リコイル制御とか言う厄介者」:FPS初心者向け

FPS初心者向けに書いている記事だが…
5話くらいで完結かなーっとか思ってたら、中々終わらない…。

っというわけで今回はリコイルについて書いていくよー!

リコイルなんて日常生活じゃ使わないよね。
FPSでリコイルっていうと、銃が跳ね上がることリコイルって言うんだ。

前回のADSで紹介した画像

これ、一番下の点に向かって撃ってたんだけど、銃が跳ね上がってこんな弾痕になってるんだ。

 

けど、こっちのほうが分かりやすいかなと思い、撮った画像がこちら

1回撃つと3発弾が出る銃で壁を撃ってみた!
銃を撃つときにコントローラーorマウスは動かしてません。

実際に壁を見てみると…
銃身が跳ねて、上にブレてる弾の跡が残ってるんだ。

特に何もしないと弾が上にいきすぎて敵に弾が当たらないので…
照準をリコイルにあわせて下へ向けて敵に弾が当たるように調整するんだ!

これがリコイル制御って呼ばれるものだよ!

基本的に上に跳ねるので下に照準を調整することから覚えよう!

ただし…ゲームや銃によってリコイルは様々なので、その銃ごとに覚えないといけない。
だから、上手い人も射撃訓練場みたいなので調整してるんだ。

 

横にブレるのもあるんだけど…横の制御は難しい。
ブレの傾向ですが、ライトマシンガンみたいな装弾数が多いのを撃ちっぱなしにすると…

撃ちっぱなし後半はブレまくりでグダグダ感半端ない!
(これ…至近距離なんだぜ…)

リコイルは撃ちっぱなしにすればするほどブレが大きくなるので数発撃って止める!
ってやるとブレが小さいのでリコイル制御しやすいよ!

上の画像も弾痕が上にいくほどネジれてるでしょ!

リコイル制御は難しいけど、少しずつ慣れていこう。

 

2020年7月9日追記

普段の照準を首元にしておこうと以前の記事で書いたのはリコイル制御があるからです。
リコイル制御出来ないで頭を狙うと、弾が頭の上を通過していくから!

ヘッドショット即死とかだったら頭で良いとも思うが…迷って首元にした!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です