第14話「デッドの被害は大きいぞ!」:FPS初心者向け

初心者向けの記事としては書くのを迷ったけど、デッドについて書いていくよ!

ゲームのルールに合わせて、デッドしないように立ち回ろう!

 

 

デスマッチ(キル数が一定数達した人の勝ち)

相手をどんどんキルした人の勝ちなので、どんどん突っ込んでいくのも作戦だと思います。
負けても自分が負けるだけなので、色々な立ち回りを試すのがオススメ!

 

 

チームデスマッチ(チームトータルでキル数を達成したチームの勝ち)

 

チームトータルでキル数が大きいほうが勝ちなので、デスマッチと一緒でどんどん突っ込みたいところですが…
突っ込んで無駄に死んでしまうと、相手のほうが数的有利となるのでなるべく死なないように立ち回ろう。
けど、味方が突撃するなら一緒にいかないと数の有利を取れないので注意!

 

 

バトルロワイアル(100人とか50人とかで生き残った人orチームが勝ち)

復活できないバトルロワイアルの場合のデッドが重たいのは分かると思う。
(ってかゲームオーバーだもんね)

復活出来るパターンのゲーム(フォートナイト、Apex等)でデッドした場合は、先ほどのチームデスマッチと一緒で数的有利を取られてしまうのでチーム壊滅に繋がります。
自分の戦力が味方の50%しかなくても、対峙直後は敵からは分からないが…
デッドしてしまうとこちらの戦力がダウンしたのがバレるので、敵が突っ込んでくる要因になります。

例:3人チームだと100%の戦力が33.3…%ダウンになるからね!(単純計算)

 

 

ドミネーション(拠点を奪い合うルールで旗取りとか色々言われる)

バトルフィールドやオーバーウォッチでおなじみの拠点を取るゲーム。
デスした場合は数的有利を取られるというところは一緒なのですが…。

拠点争奪戦の場合はデッドを考えずに突っ込まないといけない場面もあります。
(味方が拠点争奪にいかないと1秒後に負ける場面とか)

あえて、攻撃せずに生き延びるとか色々な選択肢があります。

 

 

っという感じで、各ルールでのデッドの重みについて語ってみた!

 

最後に…

チームデスマッチやドミネーションなど復活できるゲームの場合はリスポーン時間(復活できるまでの時間)が設定されていると思う。

復活するまで「5秒くらいじゃん」っと思う人は結構いると思います。
俺も最初はそう思ってたwww
けど5秒で戦況は変わる上に、ロスしている時間は5秒じゃないんだよね…

復活してから前線まで行くのにも時間がかかるんだよ!!!
(移動を15秒だとしたら20秒間ほど前線にいないことになるね)

これは大事なことだから覚えておいてね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です