オーバウォッチの紹介(1月17日修正)

発売当初からずっとやり続けているオーバーウォッチの紹介です。
以前も書いていたのですが、分かりにくいので修正してみた!

 

基本的なルール

オーバーウォッチの基本ルールは6VS6で対戦するゲームだよ!
主なルールは拠点の取り合いと思ってもらったら分かりやすいかな。

ルールとしては下記の3つがメインです。

・エスコート
攻撃側がペイロードと呼ばれるものを相手陣地へ押し込む。
ペイロードを運ぶ側がペイロードの周りにいると徐々に進んでいきます。
防御側はペイロードを運ばせないように邪魔をします。
(防御側が一人でもペイロードについていると進まない)

・アサルト
防御拠点がAとBに分かれているマップで適用されるルール
拠点Aに攻撃側のみが入っていると確保ゲージが進んで100%になると制圧出来ます。
(防御側が一人でも入ればゲージは進まない。)
拠点Aを制圧すると、拠点B制圧に変更されます。
拠点Bも制圧すると攻撃側の勝利となります。

・コントロール
一つの拠点を取り合います。
このルールはラウンド制となっているのが特徴。
敵がいない状況で確保ゲージが進んでいき、100%になると1ラウンド勝利になります。
先に2ラウンド取ったほうが勝ちですね!

この様な、陣取りゲームなので相手を倒した数だけでは勝利に繋がらないゲームです。

 

ロールシステムについて

他のFPSと違っているのはロールシステムがあり、

・相手からの攻撃を守る「タンク」
・敵を倒す「ダメージ」
・味方を回復支援などする「サポート」

と大きな枠では3つに分かれてます。

同じタンクであっても、敵を引き付けて逃げるタンクや盾を貼るタンクなど色々な種類のキャラがいるのが魅力の一つ!

キャラごとに得意不得意があり、色々な相性があります。(最初は覚えるの大変だけどな…)
地上の接近戦が得意なキャラは空から攻撃出来るキャラに弱いし、↑の画像にあるような盾を持っているキャラには威力の高い攻撃が有効になります。

 

ゲーム中にキャラ変更が出来る。

先ほど、キャラには色々な相性があると言いましたがこのゲームは対戦の途中でキャラの変更が出来るのが大きな特徴。
例えば、敵の遠距離攻撃に苦しめられていれば、途中で盾を持ったキャラに変えて射線を防ぐなどの対抗するのが楽しい要素の一つ!

ただしキャラ変更にもデメリットがあります。
アルティメットと呼ばれる強力な必殺技を使えるのですが、戦闘をしてゲージを溜めないと使えない。
けど、キャラを変えるとそのゲージがリセットされるからキャラを変えれば良いというのではないところが戦略的に奥深いシステムになってるよ。

 

追加要素が基本的に無料

発売されて、かなりの期間が経過していますが追加キャラやゲームバランスの調整が行われいます。
追加キャラや新MAPで遊ぶのに別途課金が必要ないのは凄く良いところだと思います。

ちなみに1月17日の時点で選択できるキャラはこの様な感じになっております。

 

バックストーリが魅力的!

対戦も熱いのですが、ゲーム中ではあまり分からないのですがストーリーも熱い要素!
公式サイトにおいて、漫画や小説などがあるのでそれを見るとさらに楽しめるよ。

過去にはアートブックなども発売されていて、オーバーウォッチが好きな俺は買ったよ!!!
ちょっと…お高いですけど…
オールカラーで見応えがあって満足しました!

 

 

今後はオーバーウォッチ2がリリース予定となっており、COOPなどの要素もあるみたいなので世界観がさらに広がりそう!

まだまだオーバウォッチの魅力から逃れられそうにないなぁ…。

オーバーウォッチ2についてはこちらで書いてます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です