APEX体験記2話「降りる場所をどこにするか?」

APEXで自分がダイブすることになると、どこに降りて良いか迷うよね!
実のところは、今でも迷走している。

飛び方を前回書いたので、次は「どこに降りるか?」について書いていくよ!

タッチパネルを開いてMAPを開くと船の進行方向が分かるので、マップが分からない人は確認だだだだ!
(下の画像に白矢印で印つけて見た)

赤丸をつけたところがシップから遠い場所になるんだが、遠いほど敵が少なくなる傾向にはあるよね。

さて、問題の降りる場所なんだけど…
降りている途中に1チーム程度かぶっていた場合、アイテムを奪いながら初動で撃ち合いになるので色々な武器を使えるようにしておこう!

まだ撃ち合いは無理って人は避けた場所に降りるのがオススメ。
だけど、3人で1チームなので建物が3つくらい無いと物資が不足する…。
(正直、建物3つでも足りない)

向かっている先に3チームぐらい降りてたら、そこは止めておこう!!!
乱戦になりやすいし、交戦してたら横やり入れて漁夫の利を狙うチームが多いので厳しい!

 

降りる際に、シップの人数を見ながら「序盤に一気に降りたなー」とかシップの人数の傾向を見ながら予測を立てるのもオススメ!

またシップ内や落下途中に視点変更しながら、敵とかぶっているかどうかを確認しつつ修正をかけるのも手だよ!

だけど…視点変更してるとダイブの操作が大変なので(感度が低めの人は特に)味方が敵の情報を教えてくれると良いね。
(こういう部分とかで、ボイスチャットが繋がってるチームとかは強いんだよねー)

 

ちなみに、ふぁう的にはシップ人数を見ながら場所を決めてダイブする派です。
自分の中で相手より遅れを取らないように飛ぶのを優先しています。
(さらに地形を覚えるのが苦手なので、同じような場所に飛ぶ傾向にある。)

APEXが上手いフレンドの一人は、シップから落ちていったのを確認して、敵がいない場所に降りる方法をオススメしてました。

それをしていると、出遅れてラストになって飛び出すことが多いので個人的には苦手ですw

ダイブ軌道で、よく議論してたなぁーw

 

第14話「デッドの被害は大きいぞ!」:FPS初心者向け

初心者向けの記事としては書くのを迷ったけど、デッドについて書いていくよ!

ゲームのルールに合わせて、デッドしないように立ち回ろう!

 

 

デスマッチ(キル数が一定数達した人の勝ち)

相手をどんどんキルした人の勝ちなので、どんどん突っ込んでいくのも作戦だと思います。
負けても自分が負けるだけなので、色々な立ち回りを試すのがオススメ!

 

 

チームデスマッチ(チームトータルでキル数を達成したチームの勝ち)

 

チームトータルでキル数が大きいほうが勝ちなので、デスマッチと一緒でどんどん突っ込みたいところですが…
突っ込んで無駄に死んでしまうと、相手のほうが数的有利となるのでなるべく死なないように立ち回ろう。
けど、味方が突撃するなら一緒にいかないと数の有利を取れないので注意!

 

 

バトルロワイアル(100人とか50人とかで生き残った人orチームが勝ち)

復活できないバトルロワイアルの場合のデッドが重たいのは分かると思う。
(ってかゲームオーバーだもんね)

復活出来るパターンのゲーム(フォートナイト、Apex等)でデッドした場合は、先ほどのチームデスマッチと一緒で数的有利を取られてしまうのでチーム壊滅に繋がります。
自分の戦力が味方の50%しかなくても、対峙直後は敵からは分からないが…
デッドしてしまうとこちらの戦力がダウンしたのがバレるので、敵が突っ込んでくる要因になります。

例:3人チームだと100%の戦力が33.3…%ダウンになるからね!(単純計算)

 

 

ドミネーション(拠点を奪い合うルールで旗取りとか色々言われる)

バトルフィールドやオーバーウォッチでおなじみの拠点を取るゲーム。
デスした場合は数的有利を取られるというところは一緒なのですが…。

拠点争奪戦の場合はデッドを考えずに突っ込まないといけない場面もあります。
(味方が拠点争奪にいかないと1秒後に負ける場面とか)

あえて、攻撃せずに生き延びるとか色々な選択肢があります。

 

 

っという感じで、各ルールでのデッドの重みについて語ってみた!

 

最後に…

チームデスマッチやドミネーションなど復活できるゲームの場合はリスポーン時間(復活できるまでの時間)が設定されていると思う。

復活するまで「5秒くらいじゃん」っと思う人は結構いると思います。
俺も最初はそう思ってたwww
けど5秒で戦況は変わる上に、ロスしている時間は5秒じゃないんだよね…

復活してから前線まで行くのにも時間がかかるんだよ!!!
(移動を15秒だとしたら20秒間ほど前線にいないことになるね)

これは大事なことだから覚えておいてね!

 

第13話「足音を聞けって言うけど分からない…」:FPS初心者向け

FPSでは足音を聞くことで敵が来ているのが分かる!

何て言うけど…

足音が分からない!!!

っていう人は結構いると思うんだ…。
足音に関しては、スピーカーよりヘッドホンのほうが聞きやすいです。
けど、慣れてないとヘッドホンでも分からないんだよね…

 

足音が聞こえない

 

基本的には敵の足音って小さいんだよね…。

銃の音がうるさくなってしまいますが、音量をあげてみよう。
足音が聞こえましたか?
足音を覚えてくると、音量を少し下げても分かるようになってきます。
(個人の感想ですが…)

後は、足音が分かりやすいゲームをやって慣れるのも手だと思う!
オーバーウォッチなんかは自キャラにとって脅威のキャラの足音が大きくなる設定なので、そういうゲームをやると良いかも。

 

敵の位置が分からない

 

足音は聞こえるけど、位置なんて分からねーよ!
これに関しては、音を聞いてる環境が大きい。

この様な安価なPCスピーカーやTVのスピーカーだと分かりにくい。
二か所に設置するタイプなら、なるべく距離を離してあげると良いよ!

ホームシアターセットを使っているなら、それに合わせてゲームのオプションを設定するのを忘れないようにしよう。
(ゲームによってはホームシアター用の設定とかあります。)

 

音のする方向に慣れるために、最初の頃は部屋の中などで待ち伏せてるときに

どんな感じで音が近づいてくるかを意識して覚えていくと距離感とか方角が分かってきます。
(この場合は右からしか敵は来ないので、これくらい音が大きくなったら敵が近いんだなって分かります。)

 

ヘッドホンについて

ヘッドホンだと敵の足音が聞きやすいとは書いたものの…
使っているヘッドホンによって聞きやすさが全然違います。
ちなみにイヤホンだとスピーカーとあまり変わらないよ…

低音は敵の位置を把握するのには向いてないので、重低音のみが強みのヘッドホンだと聞きにくかったりします。

昔、使っていたオーディオテクニカのヘッドホンATH-WS550(違ってるかも)がそんな感じで、分かりにくかったなー。

高音もある程度は綺麗に聞こえるヘッドホンが良いですよ!
FPS用にゲーミングヘッドホンを買うという手もありますが、ヘッドホンって高いから迷うよねー。

 

余談ですが、PC用のヘッドホンはRazer Tiamat7.1を使ってました。
リアル7.1chヘッドホンは環境設定や配線がかなり面倒でした…

 

第12話「武器って何使えばいいの?」:FPS初心者向け

FPSの武器って色々あるけど、初心者が何を使って良いか迷うよね。

オススメの武器種は「サブマシンガン」次点で「アサルトライフル」かな!

使いたく無い武器よりも、使いたい武器種で長くプレイすれば腕は上達するので長くプレイ出来る(?)武器を選ぶのも手です。

多くのFPSで採用されてる武器の特徴を得意な距離が短い順でざっくり書いておきます。

ショットガン

一発撃つと複数の弾丸が一気に飛び出す!!!
至近距離ではかなりの威力を発揮する。
だけど、距離が離れると威力が極端に落ちる武器
近距離でめちゃくちゃ強いが、超至近距離になると初心者は外しやすいので注意!
(超至近距離になると敵がちょっと動いただけで、敵が目の前から消える為)
基本的には腰だめでOKだと思います。

サブマシンガン

近距離での威力が高い銃。
腰だめでヒットしまくる距離くらいが強い。
距離が離れると威力が減るのと命中率(弾がバラケる)が落ちます。
ちょっと離れた敵にはADSしながら、数発ずつ撃って対応しよう!
そうすると、中距離の敵にもある程度のダメージが出ます!

アサルトライフル

近距離から中距離までカバー出来ます!とか良く言われるが…
基本的には中距離が得意な武器です。
近距離は上記武器に不利なので、距離には注意すること。
ADSで敵を撃って倒していく武器だと思っておくと良い。

ライトマシンガン(ヘビーマシンガン)

装弾数が多いのが特徴の武器。
中距離が得意だが、近距離は弾がバラけて戦いにくい。
ADSとリコイル制御しないと弾が当たりにくい。
装弾数が多いのでリロードしなくても継続戦闘出来る!
が…リロードの隙はかなりデカイ。
弾幕を展開することで敵の行動を制限出来るのが魅力。
個人的にはコレが大好きです。

セミオートスナイパーライフル

連射の出来るスナイパーライフル
遠距離が得意だが、本家スナイパーライフルと比べると、威力と射程で劣る。
しかし、中距離でも戦えるのが魅力。
近距離は別の武器で戦うのを推奨するが、ハンドガンよりは戦いやすい。
(ゲームと腕によりますが…)

スナイパーライフル

遠距離の武器はスナイパーライフルになるのだが…。
慣れるまで当てにくい、音と射線が大きいので目立つ!
等の理由によって、初心者にはオススメしにくい武器ではある。

威力は非常に高いので、当たればかなり強い!

打つたびにボルトアクション(手動装填)が入る武器が多い。
当然、近距離戦は絶望的である。

 

っという感じで武器紹介をしてきましたが…
ハンドガンは上記武器に劣るので外してます。
(グレネード等、特殊すぎる武器も同じく外してます。)

実際に初心者がよく使ってる武器を見ると、スナイパーライフルが多い気がします。
スーパープレイ動画で敵を狙撃しまくる姿に影響されて持ってるのかなと勝手に思ってます(笑)
実際にスナイパーをガンガン当てていくのは難易度高めです。

ただし、バトルロワイアル系のFPSで味方が持っていたら持っていたほうが良いかも。
持っていないと、索敵をして警戒しつつ、味方が撃つのに合わせて相槌を打つくらいしかやることが無くなる…。

武器を2個選択できるゲームであれば、ADSで中距離を撃つ武器と近距離用に腰だめで当たる武器の構成。

が、エイム練習にもなるしオススメです。
例:アサルトライフル&サブマシンガン

 

おまけ
俺が初心者のころは、当たればデカイ「ショットガン」か、弾を撃ちまくれる「ライトマシンガン」の構成でした。
敵を狙い撃つ練習になって無いことに気が付くのはかなり後になってからである…

 

第11話「リロードが命取りに…」:FPS初心者向け

今回は簡単なようで、勝敗を分けるリロードについて!

銃の弾には限りがあるので、リロードして弾をこめる必要がある。
当たり前だが、リロードしてる間はその武器では攻撃出来ない。(一部例外あり)

敵を攻撃している途中に弾が切れたら、弾切れで弾が打てないか自動リロード(ゲームによる)になるので、安全な時にはリロードをちゃんとしておこう!

そして、敵と戦っているときにも当然弾切れが起きるのだが…
その時は物陰に隠れたりして、なるべく被弾しない場所でリロードしよう!

そして、ここからは俺も出来てないことが多いことを書いておく!

敵を倒したときに、近くに敵がいないか確認しないでリロードするのは止めよう。

特に装弾数の多い武器をリロードするときは敵の確認をしっかりしたほうが良い。
ライトマシンガンみたいな装弾数の多い武器は他の武器に比べて2倍以上リロード時間がかかったりするからね!

慣れてくると、敵を倒して脳死でリロードしてキルされちゃうなんてことを俺はよくやります。
ちゃんと上記のことを忘れずにリロードしよう!

リロード癖がついてしまうと、思わずリロードしちゃって不利になるよ!!!

 

 

第10話「高所は有利って聞いたけど…」:FPS初心者向け

FPSだと高所は有利と書いてるサイトも沢山あると思います。

だけど…高所にいても撃たれるのは変わらないし、何が有利なん???
って俺は最初に思ってました(笑)

まず、高所から敵を見てみよう!

上から見下ろして敵がいる場所がよく分かりますね。
高度や角度によるけど、岩陰とかに隠れている敵も上からだと見つけられたりします。

 

実際に上から攻撃して、反撃(撃ち返し)を受けることもあると思います!
ここで慌てて撃ち合いをして、撃ち負けるってことを俺はよくやってました。

しかし、高台の場合は…

後ろに下がるだけで敵の射線から外れる!

何故かというと、敵は地形が壁となってこちらを攻撃することが出来なくなるんだ!
※今回は分かりやすいように、がっつり後ろに下がってます。

その間に位置を変えたり、回復できるゲームなら回復したり出来ます。
(手榴弾とかの場合はこれでも防げないこともある)

さらに、前の記事に書いた弾が落ちるのも軽減できます。
(斜め下に撃ってるから弾が落ちる幅が少ない)

 

逆の立場からのことも書いておくね。

下から上を攻撃しようとすると…

このように上を見上げて敵と戦わないといけない!
(照準の位置がさっきまでいた高台です。)

複数の敵がいるゲームの場合だと、上を見ながらも横から来る敵にも注意しないといけない等、やることが増えて不利になるのです。

っと高台の利点を書いてきましたが…

ここからは高台の欠点(?)を書いておくね。

敵が高台の真下(自分の死角)に入ってきて、敵を見失ったなら下がることをオススメします。
敵が登ってくる位置などが把握できていれば、登ってきてる敵を撃つなどして優位に立てますが…
登ってくるルートを把握できていないと横から登ってきたりして、撃たれます!
なので、初心者にはオススメしません。

それと…高台にこだわり過ぎて逃げる場所が無い高台も止めておこう!
追い詰められて俺みたいにキルされちまうぜ!

 

第9話「偏差撃ちについて」:FPS初心者向け

スナイパーライフルで遠距離を狙ったり、弾速の遅い武器で戦うときに必要な偏差撃ちについて書いていくよー。

銃の弾には弾速があって、遅ければ遅いほど遠くの敵へ当たるのに時間がかかる。

相手が動かなければ良いが、動いている場合は普通に照準を合わせても当たらない!

極端な例ですが…弾速の遅い弾を発射するキャラで解説しよう!
(オーバーウォッチのシンメトラというキャラです。)

こうやって普通に照準をあわせて弾を撃っても、このキャラは弾速が遅いので

弾が敵に届くころには敵がいない ってことになるんだ。

そこで偏差撃ちと言うテクニックが必要になってくる。

偏差撃ちっていうのは敵の動きを予測して、敵が移動してくるであろう場所に弾を撃つテクニックだよ。
例えば今回の場合は、右から左へ動くロボットなので…

照準を敵の移動位置より前に置いておいて、発射します!

移動してきた敵にヒットするという仕組み(?)です。

敵の移動位置に置いておくように撃つのがコツといっても難しいよなー。
動きを読む力と、弾がどれくらいの速度で着弾するかを覚えることが必要になってくるよ!

まあ、正直な話…これは慣れていくしかない…
フレンド同士で撃ち合えるなら、それで練習するのも手だよ!

 

第8話「スナイパーライフルの扱いにはご注意を…」:FPS初心者向け

遠距離から狙撃できるスナイパーライフルについて書いていこう!

普通の銃(アサルトライフルとか)じゃ届かない位置から、狙撃して相手を倒せるスナイパーライフル!
プロが使ってたりすると、一撃で大ダメージ(or即死)を出すので強そうに見えますが…

初心者のうちは当たらない…
っていうか俺は未だに命中率が悪い
(最近、スナイパーの練習をしてないのもある。)

まずは基本は普通の銃と一緒で、照準を合わせてから

ADSモードで狙い撃つようにしましょう。

敵が拡大されて見えるので、スコープを覗いたまま狙いをつけちゃうけど(自分のこと)敵からも狙撃されやすいので注意を!

それと、スナイパーライフルは一発でも撃つとすごく大きな音や弾道が目立つので自分の位置がバレバレになっちゃう。
敵に囲まれそうな位置などで撃つとピンチになる可能性が高い!

 

さて実際に撃ってみると、遠距離になればなるほど当たらないと思う!
何故かというと…

・銃の弾にも速度があって着弾までに時間がかかる。
・弾が重力に負けて落ちてしまう。

っていうところかな…

Apexというゲームなんかだと、スコープに数値が書いてあるので、そこに照準をあわせると当てやすい。
数字の4が400メートルでの着弾地点ってことね!

ゲームや銃によってスコープの数値が無い場合がある。
弾が落ちやすいスナイパーライフルは着弾点を覚えよう。

着弾までに時間がかかることについてはまた次回に!

 

第7話「リコイル制御とか言う厄介者」:FPS初心者向け

FPS初心者向けに書いている記事だが…
5話くらいで完結かなーっとか思ってたら、中々終わらない…。

っというわけで今回はリコイルについて書いていくよー!

リコイルなんて日常生活じゃ使わないよね。
FPSでリコイルっていうと、銃が跳ね上がることリコイルって言うんだ。

前回のADSで紹介した画像

これ、一番下の点に向かって撃ってたんだけど、銃が跳ね上がってこんな弾痕になってるんだ。

 

けど、こっちのほうが分かりやすいかなと思い、撮った画像がこちら

1回撃つと3発弾が出る銃で壁を撃ってみた!
銃を撃つときにコントローラーorマウスは動かしてません。

実際に壁を見てみると…
銃身が跳ねて、上にブレてる弾の跡が残ってるんだ。

特に何もしないと弾が上にいきすぎて敵に弾が当たらないので…
照準をリコイルにあわせて下へ向けて敵に弾が当たるように調整するんだ!

これがリコイル制御って呼ばれるものだよ!

基本的に上に跳ねるので下に照準を調整することから覚えよう!

ただし…ゲームや銃によってリコイルは様々なので、その銃ごとに覚えないといけない。
だから、上手い人も射撃訓練場みたいなので調整してるんだ。

 

横にブレるのもあるんだけど…横の制御は難しい。
ブレの傾向ですが、ライトマシンガンみたいな装弾数が多いのを撃ちっぱなしにすると…

撃ちっぱなし後半はブレまくりでグダグダ感半端ない!
(これ…至近距離なんだぜ…)

リコイルは撃ちっぱなしにすればするほどブレが大きくなるので数発撃って止める!
ってやるとブレが小さいのでリコイル制御しやすいよ!

上の画像も弾痕が上にいくほどネジれてるでしょ!

リコイル制御は難しいけど、少しずつ慣れていこう。

 

2020年7月9日追記

普段の照準を首元にしておこうと以前の記事で書いたのはリコイル制御があるからです。
リコイル制御出来ないで頭を狙うと、弾が頭の上を通過していくから!

ヘッドショット即死とかだったら頭で良いとも思うが…迷って首元にした!

 

第6話「ADSで敵を撃とう!」:FPS初心者向け

今までのFPS初心者向け記事は近距離をメインにしたことを書いてきた。

次は遠距離について書いていきたいと思う。

遠距離についてはADSをしないと弾がバラけるので、ADSが必要になってくる。

実際に色々と撃ってみた!
左がADSしてて、右がADS無しである。

右のほうが(ADS無し)弾が左右にバラけているのが分かるだろうか?

これが遠距離になればなるほど弾がバラけて敵に当たらないのである。
そこで、ADSをして敵を狙うことになるのだが…

ADSはスコープを覗くので視野が狭くなるのと、照準が遅くなるので…

こんな感じに先に照準を合わせてから

ADSして狙っていこう!

 

ちなみにADSすると、照準が遅くなるのは敵を正確に撃つため遅いのです。
ゲームによってはADS中の感度を早くしたり出来ます。
(画像のApexはADS中の感度を調整出来るよ)